肌の老化によってできてしまったシミやそばかす

ホームボタン
肌の老化によってできてしまったシミやそばかす

肌の老化によってできてしまったシミやそばかす

肌の老化によってできてしまったシミやそばかすをなるべく目立たなくしたいと考え、ビタミンC誘導体が配合されている美容液を利用しています。



朝晩の洗顔の後で、この美容液を指先に少し広げて、そばかす、シミが出来てしまっ立ところに、軽くトントンとパッティングしながらなじませていくのです。

使用をはじめてから一ヶ月くらいで悩んでいたシミ、そばかすが薄くなってき立と実感できたので、とても嬉しいです。


美肌を保ちたいなら、顔を洗う際は髪の生え際などの見落としがちなところまで、すすぎ残しの無いように洗い流しましょう。



すすぎ終えたら、タオルをや指しく押さえ当てるようにして水分を取り除きます。


絶対に、強くこすったりしないで頂戴ね。

いうまでもなく、きれいなタオルを使うのが、大条件となります。
ニキビも立派な皮膚病です。ニキビ程度で皮膚科に診てもらうのも、と少々ためらいがちですが、皮膚科で診てもらうと早期に治癒しますし、ニキビ跡もできにくいです。その上、自分でドラッグストアなどでニキビ薬を手に入れるよりも安価で治療できるでしょう。ニキビとご飯は切っても切れないほど関連性をもっています。食生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)に気をつければニキビのケアにもなります。食生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)は野菜中心のメニューに変えて、できるだけビタミンやミネラルを取りこむようにしましょう。食物繊維が豊富な野菜中心の食生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)は、便秘解消にも繋がることから、ニキビを減らす効果があります。

30歳を前に仕事の責任も増し、帰宅してメイクを落としたらすぐ寝るような生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)を続けていました。どうせあそびに行かないしとスキンケアの手抜きが慢性化していたら、電車の窓に写った自分の顔にがっかりしてしまいました。


その週はしっかり寝ていたはずなのにクマがまあまあて、いつのまにこんな顔になったー?!と思いました。

CMとかでこういうのってあると知っていましたけど、ショックでした。
そこで発想転換することにしたんです。


スキンケアの時間や費用って、純粋に自分のためのものです。


いままで省いていたのは心と肌のハリを取り戻すための時間。きちんとメンテしてあげて、ハリを取り戻すための手間は惜しみなくかけていこうとおもったんです。どうしてニキビができるのかという理由のひとつに、乾燥ということがあります。

肌の余分な油脂のせいじゃないの?とびっくりしている人もたくさんいらっしゃるでしょう。もちろん、毛穴が余分の油脂のせいで詰まるのも原因のひとつではありますが、だからといって逆に油脂を落としすぎてしまうと、そのせいで肌が乾燥し、それがニキビができる持ととなってしまします。シワやたるみには、表皮の薄さが関係しています。シワが急に増えてきたり、できやすいように思ったら、自分の肌質を確認してみましょう。乾燥している時期に肌がつっぱってくるようだと日頃から注意しておくべきでしょう。


表皮が薄いと水分が保持できないばかりか季節のダメージをうけやすいので、くすみやすく、肌の老化スピードが早まります。

また、加齢によって皮膚は薄くなりますし、たまたま血色が悪い・乾燥していると思わずに、肌質に本当に合ったケアというのを、考えなおしてみると良いでしょう。ニキビがあらわれると潰してしまうのがほとんどです。しかし、跡が気になるから潰すな、というのがよくきく説です。

なるべく早めに治療するには、ニキビ専用の薬がベストかと思います。潰したニキビ跡にも効能があります。



顔を洗って、化粧水・乳液をつけて、ニキビのところにだけ薬をつけます。私の母が顔を朝洗う場合、石鹸や洗顔剤は使いません。
母が洗顔するときに用いるのは水だけです。母は、石鹸や洗顔フォームで顔を洗うと、せっかくの皮脂成分が全部落ちてしまってお肌の健康に良くないから水だけで洗顔すべきという石鹸不用説を頻繁に話してくれます。

そんな母のお肌は65歳に見えないほど輝いています。
年齢を重ねたお肌は色素沈着によるシミがあるものです。



とは言っても、なんとか改善できる手はないかと考えるのが女心です。

肌のシミをどうにかして消沿うと私が行ったのは、ビタミンC誘導体を試すことからはじめて、その次には、ハイドロキノンの導入を行ないましたが、とても満足とは言えず、現在はレチノールを使用中です。最終的に、シミを取り除くには、美容外科のレーザー治療に頼らざるを得ないのかも知れません。
▲ Page Top

Copyright (C) 2014 年齢肌が気になるお年頃 All Rights Reserved.